卓球の基礎&上達法

ようこそ!
【おすすめ教材】 遊澤 亮 驚異の卓球上達法

基本:レシーブ

卓球のレシーブにはいろんなケースがあります。

その時その時の相手が繰り出してくるサービスの応じて、瞬時に判断し、そのレシーブの仕方を決め、打ち返します。

例えば、相手のサービスが高いボールだったら、即効スマッシュで決める事もありますね。これは、いわゆる2球目攻撃。

まず、レシーブのの仕方を正しく判断するには、相手がどんな回転のボールを打ったかを目で確認することが重要です。
これができなければ、2球目で終了になってしまいます。

相手も回転がばれにくいようなスウィングでサービスを打ってきますが、いろんなサービスを受けてみて、どんなスウィングの時にどんな回転がかかってくるのか慣れる事も必要ですね。

ボールの回転の特性を知って、その回転に応じたレシーブをすることが必要です。

回転の種類ですが、上回転、下回転、横回転、斜め回転などいろんなパターンがあります。

例えば、ラケットに対して垂直にボールが当たった場合、上回転のかかったボールは上の方へ跳ね返ります。
逆に、下回転のかかったボールは下方向へ、右回転のかかった球は右へ、左回転のかかった球は左へ跳ね返ります。

レシーブはこの回転に応じて、ラケットの角度を合わせる事がポイントです。

レシーブには、つっつきやフリックなどのレシーブがあります。

つっつきは下回転のボールをレシーブする時の方法です。ラケットを斜めにして、ボールの下側をカットします。
この時、回転の強さに応じて、ラケットの角度を調整します。

フリックレシーブは、下回転のかかったサービスに対して、球に上回転をかけて打ち返すレシーブ方法です。

基本:サーブの打ち方

サーブのボールはは、できるだけ低いボールが相手にいくようにすることが基本です。高いボールだとスマッシュの餌食になってしまいます。

回転の効いたサーブの打ち方について、説明します。
まず、1つ目は、上回転(ドライブ)の打ち方からです。

上回転のサーブを打つ場合、ボールを上に投げて、ラケットをボールにかぶせながら、ボールの上部をこすりあげるスウィングで振り抜きます。

ボールがラケットに当てるタイミングですが、できるだけ低い打点で打つようにしましょう。

次に、下回転(カット)のサーブの打ち方です。

卓球台とラケットの面をできるだけ平行にして、ボールの下側をこするようにして打ちます。

ボールがラケットに触れる瞬間に、手首のスナップを聞かせ、動きを早めるとより回転が効きます。

ボールに回転をかける練習は、卓球台がなくてもできます。
家のリビングでテレビを見ながら、ラケットとボールがあれば可能です。

ラケットを左右に振り、ボールを擦りながら、打ってみましょう。そのときに、ラケットの角度やラケットの振るスピードを変えてみたりしながら。

そして、回転したボールを手で掴んでみましょう。そうすると、ボールにどのくらいの回転がかかっているかよく分かります。

何度も繰り返しやってみれば、どんな角度でどれくらいの力で回転をかけたら、どの方向にどんな回転で飛ばすことができるかが分かってくると思います。

回転がかかった時の感覚を体にしみ込ませるためにも、繰り返し練習を行いましょう。

卓球のラケットの種類

卓球のラケットには、シェイクハンドとペンホルダーの日本式と中国式、ハンドソウという四種類のラケットがあります。

世界卓球などの卓球競技でよく目にするラケットは、シェイクハンドです。
このラケットは最も馴染みの深いラケットで、フォアハンド、バックハンド両方、強い球が打ちやすいという特徴があります。

ヨーロッパの選手のほとんどが、シェイクハンドを使ってます。
日本でも愛ちゃんが使ってますよね。

また、ペンホルダーは日本や中国でよく見るラケットです。
ペンホルダーは、日本式と中国式の二種類に分かれます。

日本式はグリップにコルクが使用されており、ラバーが片面に貼られているのが特徴で、軽量ですが、バックハンドでの強い打球が打ちにくいというデメリットも備えているラケットです。

一方、中国式は中国の選手がよく利用しており、持ち手の部分を短く切ったような形で、両面にラバーを貼っています。

そして、ハンドソウというラケットがあります。これは、見かけるはあまりありませんね。

このラケットは銃を握るように持つタイプのラケットで、曲るドライブが打ちやすいというのがその特徴です。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。